オフィス家具の買取の極意!? | 中古オフィス家具の販売・買取・レンタル|ミラクル大阪店

   
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

VOL.3 オフィス家具を高く買い取って貰う極意!? 2014.10.24


近頃、オフィス家具のリユース、リサイクルの意識が各企業様にもかなり広がりつつあり、それに合わせて当店にも多数お問い合わせを頂いております。
今回はこの気になるオフィス家具の買取システムと、どういった物をどうすれば高く買い取って貰えるか?という事をぶっちゃけトークで披露させて頂きたいと思います。

【3種の神器で攻めろっ!】


これは当店の勝手な見解かも知れませんが(笑)この業界内には鉄板と呼ばれる商品がいくつか存在します。
中古オフィス家具のショップが、多少買取価格が跳ね上がっても持っておきたいと思う高回転率の商品です
その中でも3種の神器と呼ばれている(?)人気商品BEST3をご紹介致します!

◆BEST1 『片袖デスク』




THE・スタンダードなスチール片袖デスクが堂々の第一位です!
年間通して値崩れをせず、常に需要のある素晴らしい商品です。もちろん年式によって買取価格に差が出て来ますが、それでもチェアなどの商品に比べ古い年代の物も買取れる可能性が高いアイテムとなっております。

◎チェックポイント!


ここで気をつけておきたいポイントを伝授致します!!

「旧JIS規格のオールドモデルは買取が難しい!」
今の事務机のサイズは大体規格が決まっていて、W1000やW1200やW1400といったサイズ感覚で展開しています
昔の規格のモデルは、上記サイズと合わないようになっていて現行商品と綺麗にレイアウトを組むことが出来ません
本体色も現在のホワイトやナチュラルグレーのような色と違い、かなり濃いグレー(ねずみ色と言ったほうがいいかも)ですのですぐにわかると思います。このタイプはぶっちゃけ買い取れません!((笑)
ただ現在でも、昔の規格のデスクを製造しているメーカーもありますので、製造年数の新しい旧サイズデスクは買い取れる場合もあります。
とにかくわからない方はお問い合わせ頂ければすぐにお返事させて頂きますΣ(゜∀゜ノ)ノキャー

◆BEST2 『更衣用ロッカー』




これも中古オフィス家具業界の優等生です。もちろん異動の時期なんかが一番の売れ筋シーズンになるアイテムですが、比較的年間通じて変わらぬ動きを見せてくれるニクイやつです。

◎チェックポイント!


ロッカーにも気をつけたいポイントがいくつかありますのでご紹介します。

「付属パーツの紛失に気をつけろっ!」
ロッカーはオフィス家具の中でも付属パーツが非常に多いアイテムです。
鍵、鏡、ネクタイ掛け、傘支え、傘受け、網棚などロッカーの種類によって差はありますがかなりの数があります
この中でも鍵、鏡、網棚の紛失は査定額に大きく響きますので、業者に見積りを依頼する際は、極力揃えた状態で査定をして貰って下さい(゜ロ゜)

◆BEST3 高級チェア




そして最後は写真のアーロンチェアに代表される高級チェア達!
元々の値段が高い事もあって中古市場への流通量も少ないので、かなりの買取価格が見込めます!
正直なところこの高級チェアにチェックポイントとかはほとんどありません(笑)基本的に使用される方も、綺麗に使って頂いてる事がほとんどですので、中古市場に出回る場合は商品状態が良好な事が多いです。
もし会社やご自宅に、使用していない高級チェアがあれば無料査定に出して見てはいかがでしょう?思った以上の査定額に驚かれるかもしれませんよヽ(*´^`)ノ


さて、オフィス家具の買取の極意いかがだったでしょう。片袖デスク、ロッカー、高級チェアの3点は中古オフィス家具業界でもかなり人気のアイテムですので高価買取が期待出来ます!もちろん上記以外にも高価買取を行っているアイテムは沢山ありますのでぜひぜひミラクル大阪店へお問い合わせ下さい。


  • 前の記事 → Vol.2【イスの上手な選び方!その1】



  • 上記商品へのご質問、ご相談など御座いましたらお気軽にご相談下さい。


     0120-24-9670

     お問い合わせフォーム